尾行、素行調査

尾行、素行調査

尾行調査・素行調査

配偶者の不倫・不貞問題での浮気調査やお子様の非行問題、あるいは法人様でしたら
社員の不正問題などでご利用になるケースが最も多い調査です。調査対象者の行動を
把握するためには尾行調査が最も最善で有効な手法です。また、行動調査を行うこと
でしか得られない情報もございます。 尾行調査は主に、二名~三名の調査員が1チー
ムを編成し行います。
「何時」「何処で」「誰と」「何をしていたのか?
を把握する為には尾行調査しかありません。車両やオートバイを使用する場合も対応可能です。

社員の不正問題なども尾行調査を行います

不正を行っていると思われる従業員の行動確認は尾行調査で対応します。基本的には帰社後~帰宅するまでですが、休日の様子なども確認したほうがよいでしょう。また、接触した人物が誰なのか?も一緒に調べる事が可能です。顔写真、住居、勤務先まで調査は可能です。

尾行調査はさまざまな場面で活用されています

探偵事務所といえば浮気調査や家出人の捜索ですが、不良社員の動向や心配なご家族の動きなどあらゆる場面で行われているのが現状です。ただ尾行するのではなく、写真撮影や動画撮影を行い記録します。

浮気調査は尾行調査を主に行います

一言で”浮気調査”といっても基本的には尾行調査を主体に行うものです。尾行調査なくしては浮気の調査、証拠を得る事は出来ないでしょう。
浮気相手がどこの誰なのか?顔写真や住居の様子などもご一緒に報告いたします。

証拠がなければ戦えません

どんなにテクノロジーが発展しても尾行調査を行わない限り「証拠」として得られるものには限りがあります。浮気調査の場合は浮気相手との密会現場やラブホテルなどへの出入りは実際に尾行調査を行わないと撮影できません。
社員や従業員の不正問題の場合は社外での動きを見張り、行動を把握する事によって得られる情報も多々あります。また、法人・企業様の場合は取引先とのトラブル問題を抱えている所も少なからずあると思います。そうした社内有事の場合にも尾行調査が有効に働く場合もあるのです。尾行調査の結果が有効なものであれば、最終的に事が有利に運ぶ場合もありますし、僅かながらでもコストの削減に繋がる事例もあります。

どなた様の場合でも裁判時期の前後などに不穏な動きをしていそうな人物の行動把握や特定の場所の出入りを監視する事によって、ライバル側の動きが見えてくるのではないでしょうか。事後暫く経ってからでは遅い場合が殆どです。どんなケースなのか?ご相談は匿名でも可能ですのでお電話やメールでもご相談ください。

行動を把握できる尾行調査は、探偵・興信業の中でも一番多く使われる調査手法であり、「浮気調査」や「社員の不正問題」の調査には欠かさず行われます。行動の確認を行うと同時にデジタルスチルカメラやビデオカメラでの撮影を行い、「証拠写真」として、ご報告時に報告書を提出致します。

PAGE TOP