盗聴調査・盗聴器や盗撮機器の発見

盗聴調査・盗聴器や盗撮機器の発見

盗聴機や盗撮機器の年間販売台数は数万個を超えており、その幾つかは実際に盗聴の目的で使用されているのが現実です。都内の有名な電気街へ行けば、いとも簡単に盗聴機器が手に入ります。
一個2~3万円で簡単に、身元の確認もせずに手に入る盗聴機器ですが、その殆どは一部マニアの方が所持を目的として購入されているのが実情です。盗聴のプロ等は自分で開発できる能力の方もおり、販売数が多いからといって、盗聴の被害が多いとは限りません。盗聴器の使用は法律に触れる事であり、電波法違反や不法侵入、器物損壊などの罪に問われます。

法に触れる、ということは犯罪ですので、危険を冒してまでも盗聴行為を行うという事は、犯人(盗聴犯)にとって、貴重な情報が得られる手段として用いられている事が予想されます。
実際に弊社で過去に調査した案件では盗聴機器が仕掛けられていた、もしくは仕掛けられた形跡が残されていた場合もあります。仕掛けられていた形跡は弊社の盗聴発見員が検査すれば一目瞭然ですので、ご心配の方は一度検査をして安心を手に入れましょう。

盗聴器の種類

盗聴器の種類は様々あります。音声だけを捉えるもの。画像だけを捉えるもの。音声、画像両方を捉えるものです。その全てが目視で確認できる大きさであり、目に見えないような大きさの、まさにスパイ映画に出てくるような米粒大のものはありません。盗聴器というのは電源を要します。電源というのは電池でありコンセントから流れている家庭用電源です。電池はボタン電池を使えばそれなりの小ささに出来ますが、出力が弱いので盗聴器を仕掛けるという目的ではあまり使われていないともいます。また、大手電機メーカーが予算をたっぷりつぎ込めば極小さい盗聴器が出来る可能性もありますが、それは無理な話だと思います。かつて当社に所属していた公的機関の人物から聞いた話では、基本的に公的機関向け、用途の調査機器は存在しておらず、一般人でも手に入れられるようなものを使いやすく改造して使用していたそうです。

時たま目に見えない盗聴器があると言われる依頼人の方もおりますが、それは全くの誤解であると言えるでしょう。前述した通り、大手電機メーカーなどが予算をつぎ込んで製造した盗聴器はなく、手作り感のあるものが一般的に出回っています。電子に強い人物がいたら、それを改造して見た目には盗聴器と判別しづらいように使っているケースもあります。ですから検査機器で調査する以外でも「目視」で確認することがとても大事になるのです。

盗聴検査にかかる時間

凡そ1~2時間の範囲をいただければ調査は可能です。これはワンルームマンションから一般的な広さの戸建住宅に当てはまります。もっと大規模なオフィス、工場、公共施設に関してはこれ以上の調査時間がかかる場合があります。

盗聴発見の依頼

「盗聴されている可能性がある」と感じられた場合は、その場所からの問合せは控えてください。また、安全な方法はメール、外部からの携帯電話、公衆電話から連絡してください。

携帯電話が盗聴される可能性は極端に低いものとお考えください。

盗聴発見の料金は、マンションの一室、一般的な戸建住宅で一律¥50,000(税別)です。オフィスや工場、その他の大規模な場合は別途お見積もりとなります。また、年間契約される場合はお値引きいたします。

年間契約されているお客様例

ラブホテル、ファッションホテル
企業会議室
法律事務所
税理士事務所
公共会議室等


お問い合わせのページへ

依頼はこちら

お問い合わせ





お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(任意)

住所(任意)

題名(任意)

メッセージ本文(任意)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

PAGE TOP