個人の信用調査

個人の信用調査

個人の信用調査、身元確認調査

個人の信用調査は様々な場面で活用されます。
例えば、浮気相手が何処のどんな人物なのか知りたい?という事例。
他社では浮気相手まで絞れたが、どんな人物か知りたい、という依頼があります。

身元・人物・個人信用調査

個人の信用調査はさまざまな場面で活用されます。例えば、浮気相手がどこのどんな人物なのか知りたい?という事例。他社では浮気相手まで絞れたが、どんな人物か知りたい、という依頼があります。反社会的勢力の人物ではないか?職業は?年齢は?など裁判の前に知っておきたいことが山ほどあります。

また、出資したいが、相手が信用できる人物かどうか?破産はしていないか?民事再生手続きを行った人物でないか?本当にそこに住んでいるのか?なども実際に現地に赴いてお調べいたします。

この他、企業調査を他社でお願いしたが、肝心の経営者情報が少なく、もっと詳しく知りたいというご依頼者様もいらっしゃいます。大手の信用調査機関では、ある程度の経営状態の把握はできておりますが、経営者の人物像まで解明できるのは、一般的な探偵事務所の範囲であると言えます。

個人の信用調査は取引前に行いましょう

例えば企業と個人の取引がある場合があります。表向きは法人ですが、その歴史があまりにも浅い場合は信用情報は無いに等しいものです。当の本人が言っている事と、実態が大きくかけ離れている事もあり、事前の調査がリスク軽減に繋がるでしょう。

縁談の場合、この場合も本人の言っている事と実態がかけ離れていることがあります。人はどこかで自らを大きく見せようと考えてしまうものなので、真実を知るためには事実の確認を行って事前に対処するべきです。

個人信用調査の費用

通常の個人信用調査は¥300,000~500,000(税別)です。信用調査の場合は従量制ではなく、固定料金となっておりますが、調査経費が加算されます。調査経費とは調査現場までの交通費や調査資料代などで、通常は1割以内に収まります。しかし、遠方の場合はこの限りではありません。また、反社会的勢力の調査については別途お見積もりになります。ピンポイントの調査もあります。その場合はそのポイントの調査料金となります。

調査期間は通常1~2週間いただいております。

更に詳しくお知りになりたい場合は他の調査方法も検討してみてはいかがでしょうか?
この日にどんな人物と接触するのか?裁判の後の動きを知りたいなどは尾行調査で明確にお分かりになります。

言葉巧みに近寄る人物

その人物は男性なのか?女性なのか?
探偵事務所や興信所では依頼者から得た情報を元に人物像を炙り出します。本当の住まいは?一人で生活しているのか、家族はいるのか?生活水準は高いのか低いのか?さまざまな観点から調査します。尚、このポイントだけ知りたい、というご要望もあります。その場合は知りたいポイントの調査料金となり、その情報の種類によって調査料金が変化しますのでご相談下さい。

●調査の依頼はこちら

PAGE TOP