探偵事務所を活用する五つのポイント

探偵事務所を活用する五つのポイント

探偵事務所を活用するための5つのポイント

ポイント1-こんな事は民間調査会社で解決できるのか?

浮気や不貞行為の証拠を得るための調査は主に浮気していると思われる配偶者の尾行が主体です。対象者の行動を、尾行調査という手法でお調べし、写真やビデオ撮影をして証拠を得ます。これはとても分かりやすい例です。
さまざまな案件をこなしてきた弊社では、浮気・不倫調査のほか、盗聴及び盗撮機器発見、ご家族の家出人捜索(所在調査)、法人(会社)の信用、資産、個人の信用調査も手がけております。
上記の調査の他、民間調査機関・探偵事務所に依頼すれば解決できるものなのかどうか?判断できない場合でもぜひご相談ください。経験豊富な浮気問題相談員がアドバイス致しております。

ポイント2-調査終了後も安心のアフターケア

一通りの調査が終了し、ご依頼者に報告書を提出いたします。浮気や不倫の調査でしたら不貞行為の現場の証拠写真等の全記録を証拠として報告書にまとめます。
報告書の作成費用は調査料金に含まれております。

弊社では報告書の提出だけでサービスが終了するものとは考えておりません。重要な裁判に発展する可能性もございます。必要であれば、「証人」として裁判の場に出廷することも可能です。また、弊社の顧問弁護士の紹介など、アフターケアも充実しております。

ポイント3-最新鋭の調査機器・設備

浮気調査(不貞行為)の証拠を得るにはカメラ、ビデオが必要です。単なる文章だけの報告書では証拠能力が低く、浮気現場(ラブホテルなどへの出入り)の証拠写真が添付されているからこそ、証拠として初めて報告書が生きてきます。カメラは全て信頼ある国産の一流メーカーを使用しており、超高感度センサー、手ぶれ補正レンズを採用しております。浮気の場合は仕事帰りなど、夜の場面が多く、明るく高価なレンズが必要です。
盗聴および盗撮機器発見調査では、機器が発する電波を捉える電子機器の他、経験値から推測される、取り付け位置を目視で確認します。

ポイント4-探偵業法、法令遵守の元、信頼ある団体に加盟

安心・安全な許認可法人の民間調査機関団体に加盟。社団法人日本調査業協会には、発足当時からの加盟員であり、下部組織の一般社団法人東京都調査業協会の加盟員です。また、都認可法人東京調査業協同組合(九労経計指設事第四号)にも加盟、団体が定期的に行っている研修会に参加しております。
平成19年6月1日から施行されている「探偵業の業務の適正化に関する法律」(探偵業法)を遵守し、差別につながるような身元調査は一切行っておりません。

ポイント5-東京都新宿区の探偵事務所に依頼する訳

浮気調査を依頼する場合、まずはご自信のお住まいの地域をお選びになると思います。東京都新宿区で産声をあげた弊社は、46年以上にわたり、東京都および近郊(埼玉県・神奈川県・千葉県)での浮気調査を承ってまいりました。ですから関東近県の公共交通機関、首都高速をはじめとする主要高速道路、主な観光地やデートスポットに関して熟知している部分もあり、そういった経験が不貞行為の証拠を得る事に優位に働いてきました。東京都近郊のほか、全国での調査も経験しております。

依頼はこちら

お問い合わせ





お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号(任意)

住所(任意)

題名(任意)

メッセージ本文(任意)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

PAGE TOP